家電

ロジカルクッキングをするならタニタのデジタルスケールKD-320

勝間和代さんのロジカルクッキングで推奨する0.6%の塩分で味付けするという方法。
私も遅ればせながら、0.6%塩分にして、美味しい~と感動している一人です。

最初は1キロ量りと100グラム計量できる電子スケールと使っていましたが、そもそも0.1グラムまで計量できない・・
2つ出しておくのも場所を取るし、勝間和代さんも使っている「タニタのデジタルスケールKD-320」を購入しました。

勝間和代さんおすすめのはかり「タニタKD-320」の特長

勝間和代 はかり タニタ 電子スケール デジタルスケールKD-320

0.1グラム単位で測れる
3キロまで計れる→内鍋に材料を入れたまま計量可能。
風袋引き機能(0点設定表示機能)

ボウルを置いて風袋引き機能を使うこともありますが、忘れっぽいんですよね~。
私はあらかじめ鍋やタッパー・皿の重さをはかって見える位置に貼っています。
風袋引き機能を使わずに(総重量-入れ物の重さ)から塩分濃度を計算するだけです。

勝間和代 はかり タニタ 電子スケール デジタルスケールKD-320

さらに洗える衛生的なデジタルスケールです。(食洗器はNG)

勝間和代 はかり タニタ 電子スケール デジタルスケールKD-320

デジタルスケールとその下に敷くゴムマット。これでずれずに使うことができます。

勝間和代 はかり タニタ 電子スケール デジタルスケールKD-320

常に0.1グラム単位ではかるわけではなく、微量モードに切り替えることにより、0.1グラム単位を図ることができます。

デジタルスケールは、使いやすい場所に置きっぱなしにしておく

いちいちしまうのも面倒なので、私は作業台の隅に置きぱなっしにしています。
デジタルスケールの上の棚に「塩・醤油・」「鍋・タッパー・皿の重さ」を書いたメモを張ってあるので、それを見ながら計算しています。

勝間和代 はかり タニタ 電子スケール デジタルスケールKD-320

汚れたら、すぐに拭けば清潔に保てるので、管理もラクチン。

勝間和代さんの提唱するロジカルクッキングには欠かせないデジタルスケール

ロジカルクッキングは材料・調味料を正確に計量する必要があります。
せっかくロジカルクッキングをと思うなら、是非ともデジタルスケールは必需品です!
しっかり計量するだけで、ぐんと美味しい料理を作ることができますよ。