人生100年時代

【無料】お金の健康診断をしてみたら微妙な結果となりました。

SNSで見て面白そうだったお金の健康診断をしてみました。

平均値と比べてということなのですが、正直、微妙な結果になりました。
私の結果をシェアしつつ、考えたこと・感じたことをまとめました。

お金の健康診断は料金無料

今回、使ったのは「お金の健康診断」のサイト↓

お金の健康診断

可愛いネコがキャラクターで親しみやすい!

自分の年齢や住んでいる場所などの属性をスマホでポチポチしていくだけで診断してくれます。

作業時間は5分程度でした!

【お金の健康診断の使い方】

  1. 会員登録してスマホでお金の健康状態を診断
  2. 診断結果をもとにプロからアドバイスが届く
  3. 気になるプロがいれば無料でチャット相談チャットなので入退室自由・あなたのペースで相談可能。

名前や住所の記載は一切なく、匿名でチャット相談できます。
会員登録はもちろん、診断もチャット相談も無料です。

「貯金が貯まらない」「老後資金が不安」「住宅ローンの相談がしたい」
「投資を始めたいけど何からすればいいかわからない」など、あらゆるお金の悩みを気軽にチャット相談できます

お金の健康診断の結果 45歳女性の場合

45歳女性の お金の健康診断 の結果をみてみましょー!

主な属性は、45歳・女性・東京都在住・既婚・子供なしです。

年間貯蓄「D」

貯金額ではなく、年間貯蓄額です。

お金の健康診断

平均が33万なので、月27,500円。私の年齢の女性らはそのくらい貯蓄しているのか。
そうなのか・・・(汗)私自身、5年前までは給与水準が今よりもかなり低かったので、月に現金貯金と投資積立を合わせて2万でした。

現在は年間24万とはいえ、それ以外につみたてNISA・paypayで米国株積立・仮想通貨積立もしているから、まあ平均にいかなくてもしょうがないかな。

家賃「C」

オットと生活費入れてそこから家賃を払っています。入金の割合で7万にしましたが、実際は7万円以上です。

お金の健康診断


今の住まいは気に入っているし、ここはあまり気にせず。

投資

投資については、保有総額です。

お金の健康診断

何がビックリって平均34万という事実でしょうか。

資産運用について調べることが多いので、私より若い女性でも1,000万超えとか当たり前にいるので、この結果をみると喜んでよいのか・私たちの年代が老後になった時に想像を超えた格差社会になるのでは!?と思うと震えます。

月収の3か月分くらいの貯金があるなら、現金貯金の半分をつみたてNISAにしてもよいのではないだろうか(汗)とも感じます。

年収「C」

年収は会社の給与のみです。

お金の健康診断

平均より60万円上回っているそうです。そ・そうなの?と驚きました。
バリキャリから派遣社員で、という人を平均するとこのくらいに落ち着くのかな。

診断結果 どんな誘惑にも乗りませんタイプ

自分のお金に対する考え方や性格をポチポチしていった結果が「どんな誘惑にも乗りませんタイプ」でした!!

お金の健康診断
お金の健康診断

ここは流し読みで。

性格的には「長期積立国際分散投資」が向いているようです。「ロボアドバイザー」は微妙なんですが、つみたてNISAでオールカントリーで充分なのかも。。

▼▼お金の健康診断はこちらから!

お金の健康診断

女性45歳の20年後はどうなるのか?

お金の健康診断の45歳女性(東京都在住・既婚・子供なし)の平均は以下の通りになります。

年間貯蓄額 33万円
家賃 8万円
投資 34万円
年収 420万円

420万の手取りは、3,264,612円。

参考 年収別 手取り金額 一覧 (年収100万円~年収1億円まで対応)

年間貯蓄額33万とあるので、ざっくり年収手取りの10%が貯蓄されています。
平均でみれば最低額は行えているようです。

参考 【FP解説】手取り収入から貯蓄へ何割回すべきか

残念なのは、今回の結果では分からないのですが、総貯金額+総投資額。
診断で総貯金額が無かったのよね~。ぶっちゃけ平均の貯金額を知りたかった!
総貯金額+総投資額 が全て老後資金である訳もないですが、平均的にどのくらいなのか気になるところでもありますね。

平均年収の人が65歳になったときに年金支給額(厚生年金も含めても)だけで生活は無理じゃないでしょうか。
ひとつの会社でずーーと勤務していて退職金ががっぽりという人は少数派で転職していてたり派遣社員で退職金なしという人が多いのでは?と思っています。
2022年はインフレ(スタグフレーション)が加速していく中で、老後よりも2,3年先ですら、年収が平均値あたりというのはかなりツライなというのが率直な気持ちです。

あくまでもこの結果は平均。
20年後には平均値が少しずつ上がるとしても、上の人の金額は右肩上がり。下の金額の人は今と変わらず。ものすごい格差社会になると予想されます。

平均値を上回ってやったーと思えるわけもなく、所得を増やすべく頭を使っていこうと改めて感じるお金の健康診断でした!

▼▼お金の健康診断はこちらから!

お金の健康診断

ABOUT ME
ひよこ
40歳の時にお見合い結婚し、オットと2人暮らし。 資産運用記録を中心にふるさと納税や株主優待生活を楽しんでいます。 何事も100点満点ではなく、いろいろ挑戦して80点を取れるようにと思っています。