家計管理

共働き夫婦の財布事情。

こんにちは、ひよこです。

独身時代は自分の収入はすべて自分で管理。ですが、結婚するとその事情も少し変わってきます。
お互いに「こうしよう」と決めたとはいえ、他の夫婦の財布事情って気になりませんか?

お金 フリー画像

オットと私の収入状況

オット
40代 自営業 複数の収入源あり 年収不安定


40代 会社員 年収ほぼ安定

財布は別々で生活費を出し合う

一緒に住むときにお金の話をするのですが、お互いに生活費を出し合うという形で合意。
オットのほうが多くお金を出してくれる代わりに私が家事の大半を引き受けています。

生活費は、家賃・水道光熱費・食費・雑費を出しています。外食費はオットが出してくれることがほとんどです。

私はオットの収入・経費をほとんど知らない

自営業ということもあり、私はオットの収入をほとんど知りません。
結婚するときに「去年は〇円くらい」と聞いていますが、その内訳(この事業で〇円)というのは知りません。
健康保険や住民税が高いんだよ!!というのは聞いています。

既婚友達にも財布事情を聞いてみた

結婚して、お祝いと称してお友達と飲む機会が多かったので、財布事情を聞いてみました。結婚すると他の夫婦ってどうしているんだろうか?と気になってしまったので。。

会社員のご主人をもつ専業主婦⇒収入やローンなどすべて友達が管理。ご主人はおこずかい制。

会社員のご主人をもつ会社員主婦(お互いにフルタイム共働き)⇒ご主人が毎月生活費をくれるので、その中でやりくり。生活費が足りないということはない。

自営業のご主人をもつ主婦(自営で少し収入あり)⇒ご主人の収入は友達が管理。ご主人は会社経営をしているので、ほとんどが経費処理できるため、私的なおこずかいが必要なときにお金が必要なときにもらう形。

会社経営のご主人をもつ自営業の友達⇒家賃はご主人・食費などは友達が。税金対策もあるので、家計に関しては、ちょっと複雑。

夫婦の財布事情は人それぞれ

聞いてみて思うのが、夫婦の形も財布事情も人それぞれ。
正解があるようでない世界。正解があるとすればお互いが納得したところであって、他人がとやかく言うことではないなあと思いました。

お金のことってなんとなく聞きにくいじゃないですか。
結婚していろいろと決めることが多くて、そういった相談もしながらでした。財布事情からいろいろな夫婦の関係を感じられました(*´ω`*)

ABOUT ME
ひよこ
40代既婚女子。元汚部屋住人&浪費家。 年収400万。2018年に本気でまずいと思い、資産形成を始めました。 2020年にまずは資産500万目指しています。(オットとは別財布) 優待株・米株・積立NISAを中心に資産運用しています。 お問い合わせはお問い合わせフォームよりお願いいたします。
こちらの記事もおすすめ!