風水(金運アップ)

御金神社に参拝。福財布・御朱印を授与してもらいました。

2020年12月の土曜日に京都の御金神社へ参拝してきました。

御金神社 京都 福財布 御朱印 金運

土曜日で紅葉も見ごろを迎えて、京都は大混雑!
2020年はコロナウイスルの影響で海外からの観光客がいないので、他の年はもっとすごい混雑なのでしょうね。

この記事では、御金神社の場所や参拝・福財布などについて紹介します。

金運アップに効果のある神社ですが、お金お金とドロドロした雰囲気はなくて、非常に清々しい神社でした。

御金神社とは

地下鉄の烏丸御池駅から徒歩10分。
御金神社(みかねじんじゃ)は、京都市中京区にある「金山毘古神」(かなやまひこのみこと)を主祭神とする神社です。

御金神社公式サイト

御金神社 京都 福財布 御朱印 金運

伊邪那岐(いざなぎ)と伊邪那美(いざなみ)の子である、金属をつかさどる神様の金山彦神(かなやまひこのかみ)を主神に祀ることより、次第に通貨の神として信仰されるようになりました。現在は金運のご利益があるパワースポットとして有名です。

御金神社 京都 福財布 御朱印 金運10時5分に御金神社に到着。すでに行列です。

参拝時間は10~18時。私は10時5分ごろに到着しましたが、すでに行列です。警備員さんもいらっしゃるので、休日は常にこのくらい並んでいるんでしょうね・・

御金神社 京都 福財布 御朱印 金運

民家の中にぽつんと神社の行列。専用の駐車場はありませんので、公共交通機関がオススメです。

御金神社で参拝

行列はわりとスムーズに動いている印象です。

御金神社 京都 福財布 御朱印 金運

入って右手に手水舎があるので前の方に声をかけて、抜けて清めに行きました。

御金神社 京都 福財布 御朱印 金運御金神社の手水舎

 

さて、いよいよ参拝です。

御金神社 京都 福財布 御朱印 金運

中の様子は撮影禁止ですが、沢山の奉納物がありました。

ご神木は、本殿の後ろにある銀杏の木は樹齢200年以上。
どんな環境でも枯れることがないと言われ、「繁栄・発展」や「不老長寿」の象徴とされてまいりました。さらに、葉の形が八方向に広がっているところから「末広がり」として、大変縁起が良いものされています。

本殿を右に進むと末社があります。行列から離れたくないなーと思ったので、13時ごろに再来して、ゆっくりと参拝しました。

御金神社で福財布を御朱印を授与してもらう

参拝が終わると、御守りなどを授与。

御金神社 京都 福財布 御朱印 金運

銀杏をモチーフにした絵馬
おたから小判
いちょう守り
福財布
御朱印(通常版300円と金運金箔御朱印1000円)
などあります。

私はお目当ての福財布と通常版の御朱印をいただきました。

御金神社 京都 福財布 御朱印 金運御金神社の御朱印
御金神社 京都 福財布 御朱印 金運御金神社の福財布

御朱印は書置きしてあるものを授与していただく形でした。

13時頃には行列はほぼありませんでしたが、福財布が売り切れることもあるので注意

13時ごろに再来したときには、ほぼ行列はありませんでした。

御金神社 京都 福財布 御朱印 金運13時くらいに再来したときはほぼ列はありませんでした。

本殿を右にある末社にゆっくりと参拝させてもらいました。

ホームページを確認すると、
午前10時~午後6時まで、社務所を開設していますが、参拝は24時間可能。
そして、福財布・御朱印は社務所の開設時間内のみですが、他の御守りなどについては24時間対応可能とのこと。

ただですね、福財布はとても人気なので、売り切れてしまって在庫がない日もあるそうです。