読んだ本

【感想・書評】Google AdSense マネタイズの教科書 

Google AdSense マネタイズの教科書

こんにちは、ひよこです。

年末年始に時間がたっぷりとれることもあり、毎年読み返している「Google AdSense マネタイズの教科書」
ブログ運営して稼いでいきたい、と思うなら必読です!

Google AdSense マネタイズの教科書

特化ブログと雑記ブログがありますが、大きく稼ぐ人のほとんどは特化ブログで稼いでます。

「Google Adsense マネタイズの教科書」テーマを絞った特化サイトに向けて、「特化サイトのWebサイト構造はこうあるべき」が書かれています。

「Google Adsense マネタイズの教科書」とは

Chapter_1 長期間アクセスが集まり続ける「テーマ」の選び方
Chapter_2 アクセス数を安定させる「SEO戦略」
Chapter_3 読者にも検索エンジンにも好まれる「サイト構築法」
Chapter_4 稼ぎ続けるための「AdSense」の運用方法
Chapter_5 「オーソリティーサイト」になって信頼と権威を積み重ねよう
Chapter_6 10年先も安定して稼ぐために

のんくらさん・a‐kiさん・石田健介さん・染谷昌利さんの4名の共書となっています。
それぞれが得意な部分を書いていて、「10年先も稼ぎ続ける」ための実践的なノウハウと考え方を紹介しています。

ブログで収益を安定的に得たい

ブログで収益を安定的に得たいというのはひとつの目標でもあります。
そのためにはどうしたらよいのか?

読んでくれる人に必要な情報が分かるように、
・SEO対策
・サイト構築
・コンテンツの充実
とやること盛りだくさんです。

私は現在3つのブログサイトを行っていますが、どれも雑記ブログです。
「Google Adsense マネタイズの教科書」は特化サイトに向けてなので、雑記ブログだと関係ないのでは?と思われるかもしれません。
雑記ブログといっても複数テーマ+@なので、参考になる部分が多いです。

いろいろ解説されていますが、一度では理解できなかったり、辿り着きません。
ある程度、構築しなおしたり、記事の修正。そして、しばらくは放置pvに変化があるまた読み直して、構築などを試行錯誤する
という感じで「Google Adsense マネタイズの教科書」を使っています。

時代の流れがあれど、普遍的な一冊

ブロガー向けの本は沢山でていますし、私も何冊かは読みましたが
最終的には「Google AdSense マネタイズの教科書」を読み込んで、サイト構築をしています。
あれもこれも読んでよりも一冊決めて、読んで修正するほうが性に合っているんです。

テーマや取り扱うコンテンツは時代の流れで変わっていくものですが、サイト構築運営という部分では普遍的。
著書にもある通り、「10年先も稼ぎ続ける」ための実践的なノウハウと考え方を学ぶのにピッタリな一冊です。