積立NISA

楽天ポイントで積立NISA 楽天・全米株式インデックス・ファンド

こんにちは、ひよこです。

2018年12月から始めた、積立NISA。
その時からずっと積み立てている「楽天・全米株式インデックス・ファンド」を紹介します。
多くの方がオススメしているからと購入しましたが、改めて調べてみると確かにオススメするのもうなずけるファンドです。

積立NISAは楽天証券にしています。楽天ポイントを使って、楽天カード決済にて毎月購入したいからです。

楽天 ポイント 投資信託
積立NISAは、楽天証券x楽天ポイントx楽天カードで決まりっ!こんにちは、ひよこです。 社会人になってからというもの、こつこつ貯めるというのが苦手な私。 何を隠そう、私はお金があれば使い切っ...

投資は自己責任です。
オススメだからという理由だけでなく、どうして自分は購入するのかを考えて購入しましょうね!
(自分への戒め)

楽天・全米株式インデックス・ファンドとは?

楽天・全米株式インデックス・ファンドはアメリカの株式市場に連動することを目標に運用されるインデックスファンドです。
為替ヘッジも行わず、バンガード社が運用する「バンガード・トータル・ストック・マーケットETF」を主な投資対象とするとあり、
このETFは「CRSP USトータル・マーケット・インデックス」に連動するように運用されます。

楽天・全米株式インデックス・ファンド

「楽天全米株式インデックスファンド」は、アメリカの市場平均株価に連動する投資信託です。
上記のような仕組みを使って低コストを実現しています。

楽天・全米株式インデックス・ファンドは米国ETFといっても過言ではないのですが、
楽天・全米株式インデックス・ファンドは、日本国内の商品であるために「つみたてNISA」が利用でき、非課税のメリットを最大限に活かせる商品です。

楽天・全米株式インデックスファンド(通称:楽天VTI)は、米国株のみを取り扱い、かつ満遍なく分散投資してくれるバランス型投資信託

「楽天・全米株式インデックス・ファンド」は米国のみで構成される投資信託です。
運用方針として、「楽天・全米株式インデックス・マザーファンド」を通じ、主として「バンガード・トータル・ストック・マーケットETF」に投資するとあります

楽天・全米株式インデックス・ファンド

では、バンガード・トータル・ストック・マーケットETFがどのような株式を購入しているのかを確認すると、

楽天・全米株式インデックス・ファンド 米国ETF 銘柄10位バンガード・トータル・ストック・マーケットETFサイトより引用

アメリカの大型株、中型株、小型株ほとんどすべてをカバーしています。
すなわち、これ1本でアメリカ全体への投資が実現できるということになります。

アメリカは世界一の経済大国であり、アメリカの景気が世界の景気を左右しています。

実際、リーマンショックはアメリカで始まり、全世界に波及してしまいました。
だからこそ、アメリカの経済状況が全世界に波及するのだったらもうアメリカだけの投資信託にしようというのが「楽天・全米株式インデックス・ファンド」となります。

基準価格や純資産は右肩上がり

楽天・全米株式インデックス・ファンド

資産も順調に増えていて、パフォーマンスも多少下がっているときもありますが、全体的に右肩上がりとよい感じですね。

「楽天・全米株式インデックス・ファンド」のデメリット

アメリカ経済への懸念

世界第一位経済大国のアメリカ。
そして、現在いろいろと揉めている中国。
完全に取って代わられることはないと思いますが、単純に資金という点では追い抜かれる日が来るかもしれません。

その時にアメリカ経済がどうなるのか?
今よりも傾く時が来るのかもしれません。

新たな後続ファンドの存在

当たり前ですが、新しいファンドは次々と出てきます。
eMAXIS Slimシリーズという新しい後続ファンドが非常に人気です。

投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Yearでも「楽天・全米株式インデックス・ファンド」はじりじりと順位を下げています。
順位がさがってきているということは、いずれ資産が集まりにくい状況が来るかもしれません。

それでも、楽天・全米株式インデックス・ファンドを積み立てます!

アメリカ経済や新しいファンドの登場などありますが、楽天・全米株式インデックス・ファンドはバンガード・トータル・ストック・マーケットETFですからね。
じりじりと順位が下がっていても、人気があることには変わりません。

私も最初はよく分からず、とりあえずバンガード・トータル・ストック・マーケットETF(←購入してからどういう商品か調べましたし)だからと購入しました。
購入後に、いろいろと調べて、積立NISAで購入していこうと決めたくらいです。
楽天証券で積立NISAは楽天ポイントが使えて、かつ楽天カードで決済。楽天ポイントも付くので、本当に助かっています。

パフォーマンスは定期的に確認して利益確定するときがくるかもしれないですが
相場に踊らされることなく毎月定期的に積み立てていきます!

ABOUT ME
ひよこ
40代既婚女子。元汚部屋住人&浪費家。 年収400万。2018年に本気でまずいと思い、資産形成を始めました。 2020年にまずは資産500万目指しています。(オットとは別財布) 優待株・米株・積立NISAを中心に資産運用しています。 お問い合わせはお問い合わせフォームよりお願いいたします。