電化製品

骨伝導イヤホンBoCo「PEACE TW-1」を1年使ってみた感想・レビュー

耳の穴をふさがない、骨伝導の完全ワイヤレスイヤホン「earsopen PEACE TW-1
2020年春に購入して以来、ほぼ毎日使っています。

イヤホンは耳がもぞもぞして苦手。そして、耳が弱いということもあり、イヤホンを使わずに生活していました。
3年くらい前から骨伝導イヤホンに興味を持ち始めましたが、なかなか踏み切れていませんでした。

テレワークが始まるのを機に骨伝導イヤホンを検索してみたところ、
完全ワイヤレスのearsopen PEACE TW-1のすっきりしたデザインがよいなと思って購入。

ひよこ
ひよこ
デザイン性だけじゃなくて、耳が疲れずに快適に使えるので本当に購入してよかった1品です(*´ω`*)
この記事で分かること

骨伝導イヤホンを使うメリット
earsopen PEACE TW-1の使い心地
私が1年使ってみた感想

骨伝導イヤホンの購入を迷っている人におすすめです!

骨伝導イヤホンのメリットとは?

骨伝導イヤホン 完全ワイヤレス earsopen PEACE TW-1 感想 レビュー ブログ 難聴 音漏れ 不具合 充電 

通常、人は耳で空気の振動を受け取り、鼓膜を通じて音を聞いています。それに対し骨伝導とは、骨を通じて音の振動を聴覚神経に届ける技術です。
骨を通じて音を聴くことにより、鼓膜の負担を抑えつつ、周囲の音を取り入れられます。

bocoのサイトより引用

骨伝導イヤホンは、耳を塞がないため難聴・外耳炎などのリスク対策にも効果的です。

完全ワイヤレス骨伝導イヤホンearsopen PEACE TW-1の仕様

充電中
裏面に充電端子がついて、充電端子はmicroUSBです。

ケース側のLEDは、赤の点滅だとケース側バッテリーに充電中、青だとイヤホンに充電しています。
青の点滅の場合、残りのバッテリーが少ないことを示しています。イヤホン側は、赤の点灯時に充電しています。

PEACE TW-1を使っている感想・レビュー

私は主にテレワークの会議や歩きながらや新幹線の移動中に聴いています。

着け心地は問題なし

耳穴にセットせずに、耳たぶに挟んで装着。耳を挟み込むイヤカフ構造で安定感抜群です。

着け心地はというと、最初は重めのピアスを付けているような感覚でしたが、今は慣れました。
5時間イヤホンを使用して、外すと音が出ている部分が少し赤くなります。
音が当たっている振動の影響と思われます。
痛いわけではないのでご安心を。

長時間聞いていても耳がもぞもぞしないし、外した後も違和感もなくいつも通りです。

また、通常のイヤホンと違って、外れたり落ちたりしません。
いつの間にか落としてしまったということがないので安心して使うことができます。

音質は可もなく不可もなく

音質は聴くという部分については特に問題がないですが、高品質かと聞かれると微妙かもしれません。
音にこだわる人には勧めませんが、そこそこ聴ければいいという人には問題ないかと思います。

骨伝導なので音が身体の中からクリアに聴こえるので私は気に入っています。

外の音も聞こえる

耳穴を塞いでいないため、外の音が聞こえます。散歩中でも自転車のベル音・救急車の音もしっかり聞こえるので安心です。
ただ、人込みや電車の中で聴いていると、外の音もいつもと同じ音量で聞こえます。

同時に2人から同時に違うことを話しかけられている感じで何を言っているか聞き取れないです。

購入してよかった完全ワイヤレス骨伝導イヤホンPEACE TW-1

耳が弱いし、イヤホンは装着するともぞもぞするという理由で使っていませんでした。
骨伝導イヤホンは鼓膜に負担がなく外耳道炎の心配もないということで選びました。

一番すっきりとしている骨伝導イヤホンにしましたが、本当に快適!

以前はショルダー型が主流だったと思うのですが、眼鏡や冬のマフラーと相性が悪いかなと思っていましたが
完全ワイヤレスならまったく心配いりません。

耳たぶに挟むので、汗をかいても影響がありません。

散歩中に骨伝導イヤホンを使っていても、急に後ろから自転車が来ても気が付くので、安心です。

耳が疲れると眩暈を起こすこともあるのですが、そういったことも全くありません。
耳がもぞもぞせずにイヤホンを使えるというのが嬉しいです。

ABOUT ME
ひよこ
40歳の時にお見合い結婚し、オットと2人暮らし。 資産運用記録を中心にふるさと納税や株主優待生活を楽しんでいます。 何事も100点満点ではなく、いろいろ挑戦して80点を取れるようにと思っています。