読んだ本

【感想・書評】お金は寝かせて増やしなさい(水瀬ケンイチ著)は、インデックス投資の入門書!

こんにちは、ひよこです。
普段は個別株をせっせと励んでいますが、その裏では毎月積立nisa(インデックス投資)も行っています。

インデックス投資を始めてしばらくしてから読んだ「お金は寝かせて増やしなさい」
本当に分かりやすくて、インデックス投資を途中で断念することなく長く続けるならこの本だけでいいかなと思うくらいに良本でした!

水瀬ケンイチ お金は寝かせて増やしなさい

『お金は寝かせて増やしなさい』著書は水瀬ケンイチさん

著書はインデックス投資業界では有名なブログ「梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー」を運営している水無瀬ケンイチさん。
投資の専門家であったり、FPだったり、証券会社の関係者でもない方です。

投資の基本はもちろんですが、実際に運用してきたからこそ分かる暴落したときのメンタルや気持ちのブレなどソフトな部分にもしっかりと触れていています。このあたりは著書の途中に差し込まれいる漫画でも表現されていました。

インデックス投資とは?

グローバルに分散された「インデックス・ファンド」を「長期」で「積み立てていく」行為を指します。
実はインデックス投資とは、LDL(長期・分散・低コスト)メソッドの実践そのものです。

低コスト・低リスク・低リターンですが、長期的に確実に増やしていける、それがインデックス投資です。

インデックス運用・・・平均的な指数を求めて運用するスタイル
(低リスク・低リターン)
アクティブ運用・・・平均以上を目指して運用するスタイル
(中~高リスク・中~高リターン)

インデックス投資の基本がわかる一冊

プロのFPや金融関係の方ではなく、著者はあくまでもサラリーマン。
サラリーマン目線で分かりやすく解説されているので終始分かりやすかったです。

特に2章「寝かせて増やすインデックス投資の実践法」は最初に決めること・たまには手入れすることなどがしっかりとページをとって解説されています。
私はインデックス投資を始めてから、数年経過してこの本に出会い、最初に決めることや考えておくことを知りましたし、途中で手入れしたりしています。。。

投資信託の説明からインデックス投資について解説していて、さらに投資信託のデメリットについてもしっかり言及しています。
高リターンを求めてアクティブ運用をしたいと思うのですが、「アクティブがインデックス(≒市場平均)に勝てない理由」というのを読むとうなってしまいます。

走りながら考えるタイプなのもので(汗)

遠回りしてしまったので、インデックス投資・投資信託をしている方は一度読むことを熱烈にオススメします。

最後にはインデックス投資の出口戦略についても触れています。
まだ、ブロガーさんで資産を取り崩して生活するという人がいらっしゃらない(資産を築いて、配当金で生活されている人はいますが・・)
そのうち出口戦略をしているブロガーさんも登場するのではと思っています。

涙と苦労のインデックス投資家15年実践記は必読!

最後の5章では15年間の実践記が書かれています。
著者がインデックス投資を始めた2004年。もちろんいい時ばかりではありません。ライブドアショック・リーマンショック・東日本大震災と暴落。
かなり暴言があったそうで・・(投資は自己責任です)

いい時に読むというよりも、〇〇ショックのときに読んで、自分の気持ちを落ち着かせるのにぴったりです。

『お金は寝かせて増やしなさい』は投資をするなら読むべし

いろいろな投資方法がありますが、インデックス投資は基本。
やるやらないにかかわらず、こういう投資方法があるんだ・15年の間にはいろいろなことがあるんだと知るにはちょうどよい一冊です。

私も、本で勉強しながらコツコツ資産運用を継続していきます!