ブログ運営

ブログ運営のために参考にしている本・ブログサイト

ワードプレスでブログ運営を初めて、3年以上が経過しました。
最初のころはマネタイズが全然でしたが、徐々に収益も増えてきました。

【ブログでマネタイズ】お小遣い稼ぎしていく方法私が現在注力しているブログは雑記ブログ(グルメとか旅行とかいろいろ)とこちらのお金系ブログ(資産運用や株のこと)の2つ。 どちらも少し...

この記事では、私がブログ運営のために読んでいる本やブログサイトを紹介します。

ブログ運営をしていくにあたって読んでいる本

ここでは私がブログ運営するにあたって読んでいる本を4冊紹介します。

ブログ飯

2013年に出版された本ですが、今でも根強い人気のある「ブログ飯」
染谷昌利さんが書かれた本で、現在は発信者養成コミュニティ「ギガ盛りブログ飯」を運営されていて、セミナーや本のプロデュースも行っています。

ブログで稼ぐには?、人気の出るブログとは?などブログの本質をわかりやすく解説されています。

ブログ飯 書評 感想 染谷
【書評・感想】ブログ飯 個性を収入に変える生き方 染谷昌利著こんにちは、ひよこです。 ずいぶんと前になりますが、ツイッターの企画で染谷昌利さんからサイン本を頂いておりました。 版元から...

Google AdSense マネタイズの教科書

のんくら(早川 修)さん, a-kiさん, 石田 健介さん, 染谷 昌利さんの共著。
「プロが教える、10年先も安定して稼ぎ続ける50の王道」とある通りにテクニックありきではない、自分だからこそ構築できる価値あるサイトを作るとはどういうものなのか?が書かれている本。

毎年年末に読み返していますが、毎回、新たな発見がありブログの構築や記事のリライトをしています。

Google AdSense マネタイズの教科書
【感想・書評】Google AdSense マネタイズの教科書 こんにちは、ひよこです。 年末年始に時間がたっぷりとれることもあり、毎年読み返している「Google AdSense マネタイズの...

本気で稼げるアフィリエイトブログ 収益・集客が1.5倍UPするプロの技79

著者は亀山 ルカさん、染谷 昌利さん
コンテンツ作りに役立つツールや便利ワザ、アフィリエイトサービスなどが書かれています。

アフィリエイトで夢を叶えた元OLブロガーが教える 本気で稼げるアフィリエイトブログ / 亀山ルカ 【本】

ご本人も書かれていますが、2019年以降Googleのアップデートでかなりの大打撃を受けてしまったようです。
書かれたころよりも状況が変わっていますが。それでも基本的なことは変わらないと思います。

ミニサイトをつくって儲ける法

著書はミニサイト職人の和田 亜希子さん。
数々のミニサイトを手掛けており、私も知らないうちに和田さんのサイトにお世話になっていました。

更新型のブログ運営をしていますが、記事の構築方法や力を入れて書きたいカテゴリーを書く時に参考にしています。

私がブログ運営のために参考にしているサイト

hitodeblog

ヒトデさんが運営されているブログサイトhitodeblog
基本的なワードプレスからブログを作る方法や雑記ブログのノウハウや収益化まで網羅しています。

実際にブログで稼いでる人達のインタビューなどもあり、ブログで稼ぐってこういうことなのかーと憧れます。
ブログ以外にもYouTubeやコワーキングスペース・サロン運営もされています。

2021年03月17日には本を出版されます。

クロネのブログ講座

趣味ブロガーのクロネさんが運営するクロネのブログ講座

書き続けるための心構えと最低限のテクニックが書かれています。
特に書き続けるための心構え・考え方は、変に力んでしまっているときに読むのがオススメです。

クロネコ屋の超ブログ術

クロネコさんが運営しているクロネコ屋の超ブログ術
ブログ・SNSを運営している人向けのサイトで、ヒトデさん・クロネさんと違って、「稼ぐ」ことを全面に押し出して書かれています。
趣味で稼ぐとかは二の次という人はともかく、収益化を考えているなら、読むのをオススメします。

ブログ運営で勉強必要か?

私は必要だと思っています。
何故なら、本やブログサイトには自分の知らないことが沢山書かれているし、ブログ運営をするための思考・考えってどこかで習ってきたものでもないからです。

本を読んで、できそうなところから行動。
どういう記事を書くか・キーワード選定など。やることが沢山ですし
本を読んで「なるほど!」と思って、ある程度記事を書いて、読み返すと「あ。ここに書いてある意味がようやく分かったかも」と感じます。
そして新たな発見もあるので、定期的に読み返しています。
(紹介した4冊うちの3冊が染谷 昌利さんが絡んでるという・・・・)

ブログサイトは「うーん。どうしようかな」と方向性とかどう表現したら悩んだときに読んでいます。

私もまだまだブログで書きたいこともあるので、本やブログサイトを参考にして書いていきます!