株主優待変更廃止

明光ネットワークジャパン(4668)、株主優待を改悪 クオカードが半額に。

株式会社明光ネットワークジャパンが、「クオカードの株主優待を改悪することを、2020年7月10日に発表しました。

明光ネットワークは、100株以上を保有する株主に、保有株数と継続保有期間に応じてクオカードを贈呈。額面が全ての配布基準の半額になります。
株主優待の内容を変更する理由としては、「今般の新型コロナウイルス感染症拡大に伴う当社2020年8月期連結業績への影響は甚大であり、経営環境も急激に変化して」いることが背景にあるとのこと。
利益還元策として配当を優先しており、配当予想は前期実績から横ばいの30円予想(中間配当は15円で実施済み、期末配当は15円予想)です。

明光ネットワークの株主優待の内容

明光ネットワークの株主優待は8月末に100株以上保有していると、保有株数と継続保有期間に応じてクオカードを頂くことができます。

2019年まで

(継続保有3年未満)
・100株以上500株未満:1,000円分
・500株以上1,000株未満:2,000円分
・1,000株以上:3,000円分
(継続保有3年以上)
・100株以上500株未満:3,000円分
・500株以上1,000株未満:4,000円分
・1,000株以上:5,000円分

2020年から

(継続保有3年未満)
・100株以上500株未満:500円分
・500株以上1,000株未満:1,000円分
・1,000株以上:1,500円分
(継続保有3年以上)
・100株以上500株未満:1,500円分
・500株以上1,000株未満:2,000円分
・1,000株以上:2,500円分

明光ネットワークの株主優待改悪は2度目。次は廃止にならないか心配。

クオカード優待は改悪・廃止リスクがあるとはいえ、自分の保有しているものが改悪になるとショックです。
以前は保有年数関係なく2019年までの3年以上保有の金額相当のクオカードがいただけていたのですが、変更して、また今回の変更です。

コロナは一時的なものなので、是非とも!業績回復したら戻していただきたい所存です。