株主優待変更廃止

すかいらーくHD(3197)株主優待の改悪発表。売却するかホールドするか

すかいらーくホールディングス(3197)が、9月10日に株主優待制度の変更を発表しました。
私は、コロナで株価が下がったところで取得していました。配当なしはしょうがないかなと思っていましたが
株主優待の改悪にはショックを隠せません。

すかいらーくホールディングス(3197)の株主優待変更内容

外食産業の中でも太っ腹な株主優待で人気のあったすかいらーくホールディングス。
優待の変更前と変更後を比較してみました。

株主優待の変更前 (2020年6月末基準日まで)

保有株式数 年間合計 6月末基準日 12月末基準日
100株~299株 6000円 3000円 3000円
300株~499株 20000円 9000円 11000円
500株~999株 33000円 15000円 18000円
1000株~ 69000円 33000円 36000円

株主優待 変更後 (2020年12月末基準日以降)

保有株式数 年間合計 6月末基準日 12月末基準日
100株~299株 4000円 2000円 2000円
300株~499株 10000円 5000円 5000円
500株~999株 16000円 8000円 8000円
1000株~ 34000円 17000円 17000円

株主優待制度の変更に関するお知らせ

このたびの新型コロナウィルスの影響により不透明な経営環境が続く中、当社では持続的成長の追求を優先事項ととらえ、収益構造改革の一環として株主優待制度のあり方を慎重に検討した結果、株主優待制度を変更した上で継続させていただくことといたしました。とのこと。

100株であれば、6000円➡4000円。300株以上保有の場合は50%以上の優待減額です。
優待目当てで保有しているとかなりキツイです。

すかいらーくの株を売却するかホールドするか。

この発表の翌日9月11日は、当然株価は下落。前日から163円下げて1,521円となりました。
正直、もっと下がるかなと思っていたのですが、意外と下がらず。
今後の株価の動きが気になるところです。

私も含み損が出てしまいました。。トホホ。

とはいっても、株主優待の完全撤廃ではないですし、コロナが落ち着いて業績が回復すれば、株価も上がります。
それまではゆっくりとホールドしていこうと思います。