ロボットアドバイザー運用

ロボアドバイザーで運用をするかしないか。サービスについて調べてみた

最近、気になっているロボアドバイザーでの投資。

現在の投資は個別日本株・個別米株・投資信託・国債を保有しています。自分で考えての投資もいいけどロボアドバイザーの投資というがどういうものなかのかも気になるところ。
ロボアドバイザーの仕組みや運用会社の特徴などを調べて、実際に運用するかしないかと検討してみました。

ロボアドバイザーの仕組みは?

ロボアドバイザーは、資産運用に関する提案を行なうサービスのこと。
商品の提案から資産運用や管理、メンテナンスまですべて請け負ってくれるものもあります。

ロボアドバイザーを始めるには?

1 用意された質問に答える
2 質問の回答からおすすめの商品やポリフォートが提案される
3 口座開設をして、商品購入(積立)。運用開始

用意された質問から、投資に対する姿勢や考え方をコンピュータが導き出し、商品が提案されます。
投資会社によってポリフォート作成のみだったり、運用・リバランスも行ってくれたりと様々あります。

運用からリバランスまで自動で行ってくれるので、自分が行うのは、入金のみ。
購入から資産配分のメンテナンスまで一括しておまかせできる代わりに、ロボアドバイザーは手数料が比較的高めなに設定されています。

個別株のように短期的に運用ではなく、あくまでも長期運用が基本となっています。
(配当がでるわけでもないですからね・・)

私が気になっている3社のロボアドバイザー

ロボアドバイザーもいろいろな会社がサービス提供をしています。
沢山ありすぎて、まずはそれで迷ってしまいました(苦笑)

私が気になっているのは、楽天証券「楽ラップ」、WealthNavi(ウェルスナビ)THEO+ docomo(テオ+ドコモ)です。

楽天証券 楽ラップ

私が積立NISAを行っている楽天証券。

運用方針・銘柄を自動で決めてくれて、購入銘柄を定期的にメンテナンスしてくれる。本当にほったらかし運用を行ってくれます。
特に特徴的なのが下落ショック軽減機能(TVT機能)でリスクを抑えてくれるというもの。
下落ショック軽減機能とは、株式市場の価格変動リスクが高まったときに株式への投資割合を減らし、債券の投資割合を高める機能です。

他にはない下落ショック軽減機能(TVT機能)のおかげで楽ラップは資産の大幅な値下がりを回避できます。

楽ラップ は、手間暇かけず手軽に投資を行いたい人におすすめのロボアドバイザーです。
下落ショックを軽減する「TVT機能」もあるので、リスクを抑えて運用したい人にオススメです。

WealthNavi(ウェルスナビ)

投資するときに時間や手間のかかる「資産運用方針の決定・銘柄の選定・売買・メンテナンス」をすべて自動でしてくれます。
そして、「DeTAX(デタックス)」という節税機能とがあります。

参考➡DeTAX(デタックス)について教えてください。

ロボアドバイザーは長期運用するものです。
税金は短期的にみれば微々たるものですが、長期的にみればそれなりの金額になっていきます。
ウェルスナビを利用すれば、本来は税金で取られるはずだった多くの資産を守ることができます。

WEALTHNAVI(ウェルスナビ)

THEO+ docomo(テオ+ドコモ)

THEOは、最低1万円から資産運用を始めることができます。楽ラップ・WealthNavi(ウェルスナビ)は10万円からと比べると気軽にはじめることができます。
「THEO Tax Optimizer(テオ タックス オプティマイザー)」という本来は必要だった税負担を自動的に軽減してくれる機能があります。

そして、私の気になっているTHEO+docomoはお預かり資産額に合わせてdポイントが毎月もらえるというもの。
THEOとTHEO+docomoの資産運用の中身は全くの同じです。

ドコモユーザー・dポイントをよく利用する人は、投資をするだけでdポイントが多めにもらえるのでTHEO+ docomoを利用する価値はあるのかなと感じます。

THEO+docomo

ロボットアドバイザーのメリットとデメリットを考えて、運用するか検討する

資産運用を始めて10年以上。
振り返れば、失敗もありますが、そのほとんどは自分の感情によるもの。ロボットアドバイザーで運用であれば、感情に左右されずに運用できます。
リバランスも行ってくれるので、自分は入金さえすればあとはお任せできるのが一番のメリットです。

一方で、短期的な成果ではなく長期的で保守的な運用です。
個別銘柄のように一喜一憂しない代わりに、自分はレポートをみて終わるというちょっとつまらなく感じる面もあります。
当たり前ですが、元割れリスクもあるので、ロボットアドバイザーとはいえ、万能ではないことを押さえておく必要があります。

ひとまず、今の資産・毎月の積立を把握して、どういう運用をしていくかしっかりと決めてから行おうと考えています。

私がロボットアドバイザーに投資を開始するならボーナス時期

毎月の積立で行いたいと考えているので、今の積立を見直して・・というところから始まってしまいます。
積立をしながら自動でリバランスをしてというのは魅力的ですが、手数料も気になるところ。

楽ラップ・WealthNavi(ウェルスナビ)は10万以上という条件があります。(THEOは1万円から)
また、ボーナス時期に合わせてキャンペーンを行うことが多い印象があります。

夏のボーナスは終わってしまったため、冬ボーナス時までに検討していきたいと思います。

ABOUT ME
ひよこ
40代既婚女子。 10年以上株式投資をしているにも関わらず、いまだに初心者投資家。 いつかはアーリーリタイヤを目指して日々奮闘中。 お問い合わせはお問い合わせフォームよりお願いいたします。