家計管理

「年収200万円からの貯金生活宣言」に出会って人生が変わった

今でこそ、お金をせっせと貯めて、倹約家な生活をしていますが、
もともとはお金にルーズで無頓着でした。
20代はブラック会社(やりたかったことなので後悔していません)でしたので、給与が安く休みがない。
なので、お金がたまらないけど、使うヒマもないという生活。

30歳のころに体力の限界を感じて、派遣社員になりました。
派遣社員なので、時給制。交通費が支給されないし、ボーナスはないけど、それまでよりも給与が高くなり、時間もたっぷりできました。
おかげで、お金を使うヒマができたのです!笑
とはいっても、コンビニに行かないし、一人暮らし自炊派。なので、一見すると倹約家に見えていましたが
夜の飲み会の誘いも多く、旅行に行ったりと、収入のわりにいわゆる交際費が多かったです。

そんな私がこのままではいけない!と思ったときに「年収200万円からの貯金生活宣言」に出会って、倹約家になれました。

浪費家に陥った原因はクレジットカード

クレジットカードってその場で現金を使わないので、ついつい使ってしまうんですね。
友達と飲みに行って、私がまとめてカードで支払う。友達からは現金で回収する。回収した現金を引き落とし口座に入れればいいのに、なぜか使い込んでしまい・・・

支払い金額確定して青ざめる

という繰り返していました。
給与が支払い→家賃とクレジットカード支払いでなくなる→その月はほぼクレジットカード支払い生活・友達との支払いも私のカードで回収した現金を使い込む→支払い額に青ざめる→給与支払い→家賃とクレジットカード支払いでなくなる
という負のループにハマっていきました。

浪費家だったのは、自分に自信のなかったから

見栄っ張りだし、自分のやりたいこととか目標だけに向かっていて、現実のお金について向き合ってこなかった。
自分に自信がないというか一目を気にしすぎだったなと思います。
今、思えば、そんなに人は私を見ていない(笑)むしろ「そんなにお金かけて大丈夫なのかな」と思われていたと思います。

ハリボテの見た目の雰囲気と地に足のついた生活の雰囲気って分かる人にはわかっていたのかなと恥ずしい。。。

とにかく見栄っ張りだった私

個性的なハイブランドの服がたくさん
メイクをしたくないのに、ちゃんとしないといけないと思って購入する化粧品(メイク関係)
流行りの店に誘われたら、断れない
オーガニックな食材とか高い調味料を食べていれば大丈夫と思い込んでいる

一方で貧乏性な部分があり

コンビニは高いので行かない
一人のときは食べたいものより安いもの
下着はボロボロになるまで着る
投資信託の積立はする

人からどう見られているかにお金を使うけど、一人のときは使わない(ケチ)という妙なアンバランスな生活をしていました。

これではいけない!と家計にメスを入れる決断をする

クレジットカード支払いに追われていると、やっぱりいろいろな部分でひずみがでてきます。
クレジットカードを2回とかに分割したり、少額キャッシング→給与日にすぐに返済、をし始めたときに

さすがにこのままではまずい
このまま多重債務者になるのではないだろうか

と自分でも感じました。

年収200万円からの貯金生活宣言に出会う

そんなとき、「年収200万円からの貯金生活宣言」という本が話題になっていることを知ります。
派遣社員だった私は年収200万円からのという言葉にひかれて、購入。
つべこべ考えずい本気でこの通りに横山式90日間プログラムに取り組みました。

1 スタート日は給料日でゴールは給料日前日
2 支出は消費・浪費・投資の3つに分ける
3 手書きで手帳(スケジュール帳)に記入し、消費・浪費・投資を蛍光ペンで色分け
4 固定費(光熱費・携帯代など)以外は現金払いにする

4の現金払いというのが曲者でして。。当時はクレジットカード払いに追われていたで、現金がほぼ手元にないわけです。
どうやって現金を確保したか不明ですが、最初の2か月くらいは最初に現金で危なくなったらクレジットカードみたいにしていたんだと思います。

主婦雑誌で書かれているような袋分けは面倒すぎて、、それよりもレシートを必ずもらってに手帳に記入するほうが私には合っていました。

それから90日間プログラムを3回くらい?自分でもびっくりするくらいにマジメに一年ほど行っていました。
すると、クレジットカードの支払いも少なくなり、貯金や株を買うお金ができてきたのです。

横山式90日間プログラムで生活を立て直したあとの私

世の中には便利なものが増えましたが、私が使うと破産するかもしれない(笑)
そんなこともあり、自分なりに付き合い方を決めています。

交通系電子マネーとの付き合い方

交通系ICカードに定期券が入っています。
定期券購入時かボーナス時にまとめてチャージ。チャージしたお金は交通費のみに使用。交通系ICカードで買い物は基本的にしません。
ただ、帰省時や旅行時に改札内でお茶を買ったりすることはあります。その時は帰宅してからその分のお金をチャージしています。

クレジットカードとの付き合い方

あくまでも私の場合は、支払いのクレジットカードが2枚になったら絶対に破産する、と思っています。
前に交通系クレジットカードも所有していましたが、支出が混乱するので、辞めました。1つの支払い箇所でないとダメなんですよね。。

楽天カードもやっぱりポイントが気になるので(苦笑)
「ああ!今日はポイント〇倍だ!」衝動的に買うのではなく、余裕を持って、通販する商品を決めておいて、予算内で買い物をするようにしています。

結婚後はカードを2枚にしようかと思って作りましたが、あまり私の固定引き落としがないため
解約して楽天カードだけにしています。
がっつりと使ったときはすぐに現金を口座にいれて、支払い確定したときに、自分の分を計算して入金しています。

普段のオットとの生活費はほぼ現金。
旅行などのイベントやネットスーパーはカード払いですが、予算内なので、今のところ大きな問題はありません。

ポイントカードとの付き合い方

浪費家のときはたくさん持っていました。
無印とか東急ハンズとかも持っていましたが、年1回程度の買い物なので、捨てました。よく行くお店・大きなものを買うときだけでいいかなと判断。

カードで保有
よく行くスーパー1枚
アプリで保有
家電量販店(ビックカメラ・ヨドバシカメラ)、Tポイント・dポイント・pontaカード

アプリにしたのは最近ですが、財布がよりスッキリして嬉しいです。

横山式90日間プログラムを行って救われた私

一歩間違えれば、借金まみれな生活になっていたかもしれない私。
偶然、出会った「年収200万円からの貯金生活宣言」に書いてあった横山式90日間プログラムを行って救われました。

横山式90日間プログラム中に思ったのが、私にはクレジットカードは向いていないということ。
楽天カードを使っていますが、ポイント5倍とかポイントのために買い物をしてしまうのです。いや、そうじゃないでしょと。
ポイントに振り回されず、本当に必要なものを買えばいい。
俯瞰的にみて、その買い物は必要なのか?と立ち止まる勇気ができました。

幸いなことにもともとのケチ思考があるため、コンビニでふらふらと買い物をするとか、スーパーで余計なお菓子を買うということはないので、「」を読んでいても、当てはまらなかったのです。
そこだけは良かった?ことです。

40代既婚女子 資産公開 
現金派で生活。キャッシュレスにしない理由資産運用のブログやTwitterをみていると、キャッシュレス生活を送っている人が多くいらっしゃいます。 特にpaypayなど、〇%還元...

ここ数年でキャッシュレス化の波が押し寄せてきて、payが増えてきて、一人で戦々恐々としています。
現金派で頑固と思われようとも、キャッシュレスは苦手とかそういうのじゃなくて、家計が破産するかもと怖いのです。
キャッシュバックのために焦って買い物して失敗するなら、お金を払ってもいいから自分で納得した買い物をすることを心掛けて生活しています。

横山光昭さん、
本当に私を救ってくれてありがとうございました!

ABOUT ME
ひよこ
40代既婚女子。 10年以上株式投資をしているにも関わらず、いまだに初心者投資家。 いつかはアーリーリタイヤを目指して日々奮闘中。 お問い合わせはお問い合わせフォームよりお願いいたします。