人生100年時代

人生100年時代をどう生きるのか?「LIFE SHFT」考え方のまとめ

こんにちは、ひよこです。

人生100年時代という未だかつてない時代に突入しています。
「LIFE SHIT」も読みましたが、長くて読みずらかったので、まんがでもう一度読み直しました。

書籍で書かれていたお金の話は漫画では描かれていません。
とにかく、働き方・生き方についてに焦点を絞って描かれています。

今回は、私の感想というよりも「LIFE SHFT」の提唱していることをまとめました。

人生100年時代に必要な「LIFE SHFT」

現在50歳未満の日本人は、寿命100年時代に突入しています。

本の中でも2つの根拠となるデータが紹介されています。

2007年生まれの子供の半数が、日本では107歳まで生きる
平均寿命世界1位の国をグラフ化すると、寿命が10年毎に平均2~3年のペースで上昇

私の親世代(すでに引退している世代)のころは
①20歳前後まで教育を受ける
②65歳まで働く
③引退して年金暮らし。余生を楽しむ

という3つのステージで人生が構成されているのが一般的。

これからの時代は3つのステージで考えるのではなく、生涯を通して再創造を繰り返していくことで選択肢を広げて生き抜く時代になっていきます。

そのためにも、20代から60代を仕事一辺倒・キャリアアップ一筋で過ごさない。自分をすり減らすような仕事の仕方は避ける・
仕事・学び・遊びのバランスを取りつつ柔軟に人生を組み立てていくことが大切になってきます。

「LIFE SHFT」での人生のステージ

今までのように一つ会社に勤めるだけという考えではなく、組織に雇われない働き方・地域活動ボランティア・移行期など人生の選択肢を広げていきます。
そのステージを変えるごとに新しい能力・視野・人とのつながるも広くなっていくのがマルチステージで生きるということ。

エクスプローラー

エクスプローラーとは、人生の旅をして自分と世界を再発見するステージのことです。
日常から離れて旅をしたり、新しい人と出会ったりして、既存の価値観にとらわれずに自分の理解を深めていきます。
変化の激しい時代だからこそ、自分を見つめ直すことが重要なのです。

インディペンデント・プロデューサー

インディペンデント・プロデューサーとは、組織にとらわれずに自分で仕事を生み出すステージのことです。
やりがいや人とのつながりを重視しながら、試行錯誤を繰り返して学びを高速に深めていきます。
失敗することも多いですが、それにより無形資産は着実に築かれていきます。

ポートフォリオ・ワーカー

ポートフォリオ・ワーカーとは、異なる種類の活動を同時に行うステージのことです。
経験や知識を生かしていろんな自分を楽しむことで、自分らしい生き方につながります。
他の仕事で身につけた力をまた他の仕事に生かすというように、知見が流動化していきます。

「LIFE SHFT」における3つの資産

生産性資産(主に仕事に役立つ知識やスキル)
➡環境の変化に合わせてスキルアップしていくことも大切!
活力資産(健康や良好な家族・友人関係)
➡他者との結びつき・健康価値
変身資産(変化に応じて自分を変えていく力)
➡自分が自分自身を変えたいという気持ちと行動をしていくことが資産を増やしていくこと。

何が正しいではなく「自分が決めたことこそが正しい」

多くの選択肢があり、多くの変化を経験する時代。
何が正しいではなく、やってみないと分からないことだらけ。
大事なのは、何を選んだかではなく自分で考えて選ぶこと

自分らしい選択を積み重ねることが100年人生を生きる道なのです。

ABOUT ME
ひよこ
40代既婚女子。 10年以上株式投資をしているにも関わらず、いまだに初心者投資家。 いつかはアーリーリタイヤを目指して日々奮闘中。 お問い合わせはお問い合わせフォームよりお願いいたします。
こちらの記事もおすすめ!