ポイ活

【JR東日本】ポイントサービス開始。suica(スイカ)の登録だけはしておこう!

【JR東日本】オフピークポイントサービスが2021年3月15日より開始されます。
対象の区間の方はひとまず、登録しておくことをオススメします。

JR東日本のポイントサービスの概要

suica定期券の人は、オフピークポイントサービス、
定期券ではないsuicaの人は、リピートポイントサービス
となっています。

オフピークポイントサービスはsuica定期の人向けのサービス

実施期間2021年3月15日(月)~2022年3月31日(木)

Suica通勤定期券が対象
対象区間の入退場が対象
各駅で設定されたピーク時間帯より
「前」に入場で15Pt「後」に入場で20Pt

各駅のポイント還元時間帯の表はこちら

【対象外】
入出場駅のいずれかが対象エリア外である場合
通勤定期券の区間外にまたがって乗車した場合
他鉄道会社が関わる場合
1.JR東日本の駅で入出場する際に他鉄道会社管理の自動改札機を利用する場合
2.乗換改札機が他鉄道会社管理である場合
3.相互直通列車などによりJR東日本と他鉄道会社を乗換改札機を経由せずに利用する場合
4.東海道新幹線を利用する場合

詳しくは、オフピークポイントサービス概要を確認ください。

オフピークポイントサービスのエントリーはこちらから

リピートポイントサービス

提供開始日は、2021年3月1日(月)より
JR東日本の在来線Suica提供エリア全線対象。

同一運賃区間(※)のご利用が同一月内に10回となった場合に、運賃1回分相当のJRE POINTを還元します。さらに月11回以上のご利用で、1回ごとに運賃の10%相当のJRE POINTを還元します。

※同一運賃区間とは、東京―赤羽(IC運賃:220円)、東京―蒲田(IC運賃:220円)、品川―川崎(IC運賃:220円)のように、乗車区間は異なるものの運賃が同一となる区間のことです。

Suicaの入金(チャージ)残高による鉄道のご利用に対するJRE POINTの還元(モバイルSuica:ご利用額の2%、Suicaカード:ご利用額の0.5%)とは別に還元されます。

suicaで10回以上同一区間金額を利用すると10%分のポイント還元

利用額 還元額 実質支払い
10回利用 2200 220 1980
11回目 220 22 198
12回目 220 22 198
13回目 220 22 198
14回目 220 22 198
15回目 220 22 198

JREポイントサービスの登録はこちらから

JR東日本の対象区間を利用するなら登録だけはしておけば、ポイントが付くかも?

通勤定期券利用の場合は、他社路線と連動している場合は対象外というのは、人によってはガックリかもしれないですよね。
普段、JR➡地下鉄などで通勤している方は、JRの駅で途中下車するならともかく・・。
ピーク時間に通勤していて、10分の早起きでピーク外になるなら頑張るかもしれないですが、それは人によってまちまちだと思います。
むしろ、普段からピーク外で通勤している人にはラッキー!ですね。

学割定期券は対象なのかな?と思いましたが、そもそも、通勤定期券とあるので、学割定期券は対象外です。

一方、リピートポイントサービスはシンプル。
JR東日本の在来線Suica提供エリア全線対象ですし、金額が同一であればポイント還元を受けることができます。
会社から定期券支給がなくなった人でも10回利用(往復すれば2回X5日)。週1,2回出社するならポイントがじゃんじゃん還元されます。
外回りの人も同じ区間ではなく、金額が同一であればよいので、もしかして対象になるかも?しれないですよね。

定期券か定期券じゃないかでエントリーできるサービスが違いますが、
ポイントが還元されるかも?くらいな気持ちでエントリーするのをおすすめします。