読んだ本

【書評】ラプラスの魔女と魔力の胎動はセットで読むのがオススメ(東野圭吾)

こんにちは、ひよこです。

東野圭吾さんの「魔力の胎動」を読み終わりました。
ラプラスの魔女」の前日譚という位置づけです。
正直、前作の「ラプラスの魔女」をすっかり忘れていたため、たぶんこの部分は前作とつながっているのでは?でも、全然覚えていないよ><;ということで読み返しました。

私としては、「ラプラスの魔女」を読んだ直後に「魔力の胎動」を読むのを猛烈におすすめします。

ラプラスの魔女 東野 圭吾著
created by Rinker

魔力の胎動 東野 圭吾著
created by Rinker

ラプラスの魔女とはなんなのか?

フランス人数学者の「ピエール・シモン・ラプラス(1749-1827)」が本当に仮設として提唱したラプラスの魔女という法則。小説の中でもこのことについて書かれていますが、ウィキペディアに
ラプラスの魔女とあります。

「もし、この世に存在するすべての原子の現在位置と運動量を把握する知性が存在するならば、その存在は、物理学を用いることでこれらの原子の時間的変化を計算できるだろうから、未来の状態のがどうなるか完全に予知できる。」
(引用:ラプラスの魔女 P342/東野圭吾)

20世紀初頭より勃興した量子力学によって、原子の位置と運動量の両方を同時に知ることは原理的に不可能である事が明らかになった(不確定性原理)。これによりラプラスの悪魔は完全に否定されます。
最初に読んだときは、小説内のことだと思っていたら、実際にあった仮設ということで驚きました。

漫画内でもありそうな、ラプラスの魔女。それを否定せずに、著書で再現されています。元エンジニアの東野さんの緻密な計算と表現が本のボリュームを感じさせず、読むことができました。

ガリレオシリーズのような物理学に似ているようで全く違う世界観です。

ラプラスの魔女と魔力の胎動の関係性

ラプラスの魔女は人間の狂気が凝縮された内容でした。
脳神経外科医の羽原全太朗と映画監督だった甘粕才生が際立っていました。

魔力の胎動は救いがあるというか人間性が豊かな内容。
計算だけでなく、感情や精神的なことにも触れて動く心のうちが非常に印象的でした。

同じシリーズなのに、心の部分が対照的に感じられました。

誰を主人公として読むのか、という視点でみてもまた違った楽しみが感じられます。

ラプラスの魔女と魔力の胎動の時系列が交差しているので、「ん?ここでラプラスの魔女で出てきた〇〇がでてくるのか」「魔力の胎動のセリフ。。。なるほどね」という気づきが沢山。
魔力の胎動が前日譚という位置づけなので、魔力の胎動だけを読んでも??な部分も多いかなと感じます。

ちゃんと復習してから読めば良かった~と大反省。
ラプラスの魔女を読んで(一度読んだことがあっても復習をしてから)、魔力の胎動を読むのをお勧めします。

ラプラスの魔女シリーズは続くのか?

ラプラスの魔女は2018年に映画化されているので、魔力の胎動はおそらく映画化されるでしょう。
小説としては、3作目4作目と続いて欲しいな。

ラプラスの魔女 東野 圭吾著
created by Rinker

魔力の胎動 東野 圭吾著
created by Rinker

ABOUT ME
ひよこ
40代既婚女子。 10年以上株式投資をしているにも関わらず、いまだに初心者投資家。 いつかはアーリーリタイヤを目指して日々奮闘中。 お問い合わせはお問い合わせフォームよりお願いいたします。
こちらの記事もおすすめ!