読んだ本

【書評】ガリレオシリーズ「沈黙のパレード」東野圭吾 ネタばれなしの感想

沈黙のパレード

2018年10月11日に発売された東野圭吾さんの著書「沈黙のパレード」をさっそく読みました。
ガリレオシリーズ9作目。実に6年ぶりの新刊です。

今回も、トリックと巧みにはられた伏線に一気によみきりました!

ガリレオシリーズ「沈黙のパレード」のあらすじ

沈黙のパレード 東野 圭吾著

created by Rinker

容疑者は彼女を愛したふつうの人々。
哀しき復讐者たちの渾身のトリックが、湯川、草薙、内海薫の前に立ちはだかる。

突然行方不明になった町の人気娘・佐織が、数年後に遺体となって発見された。
容疑者はかつて草薙が担当した少女殺害事件で無罪となった男。
だが今回も証拠不十分で釈放されてしまう。
さらにその男が、堂々と遺族たちの前に現れたことで、町全体を「憎悪と義憤」の空気が覆う。

かつて、佐織が町中を熱狂させた秋祭りの季節がやってきた。
パレード当日、復讐劇はいかにして遂げられたか。
殺害方法は?アリバイトリックは?
超難問に突き当たった草薙は、アメリカ帰りの湯川に助けを求める。

文藝春秋より引用

本の装画は、コラージュ作家のQ-TAさん。

沈黙のパレードのネタバレなしの感想

読み終わり、本を閉じて、表紙を閉じた時に表紙とタイトルの「沈黙のパレード」をみて、「ああ、そうなのか」と。
腑に落ちるというのはこういうことだと思いました。

真実はどこにあるのか?最後の最後まで、驚きの連続でした。

東野圭吾さんの復讐をテーマにした作品は「さまよう刃」などがありますが、湯川教授らしい解決方法だったのではないかなと思います。
同じ事件でも、加賀刑事だったら、違う解決方法・結末になったのかな。加賀刑事シリーズは終わってしまいましたが、そう感じます。

ガリレオシリーズも実写化されているので、きっと、何年後かには映画化するかな。
それもまた楽しみです!

沈黙のパレード 東野 圭吾著

created by Rinker

ABOUT ME
ひよこ
40代既婚女子。 10年以上株式投資をしているにも関わらず、いまだに初心者投資家。 いつかはアーリーリタイヤを目指して日々奮闘中。 お問い合わせはお問い合わせフォームよりお願いいたします。
こちらの記事もおすすめ!